かわいい赤ちゃん

治療方法の種類

寝ている赤ちゃん

不妊治療には、様々な方法があります。ですから、その方法によって治療にかかる費用は異なります。それに、人によってどんな治療がその人に適しているのかは検査しないと分かりません。ですから、費用に関しては不妊検査を受けた後に決めることになります。一般的に、最初に検査を行なってから、タイミング式という治療方法を行います。これは、排卵日のタイミングで受精できるようにしますので費用はそこまで高くありません。その為、女性は毎日基礎体温を測ったり、漢方や薬で体を整えたりします。漢方や薬は、女性だけではなく男性も行なうことがあります。これで、一度様子をみますが、それでも授からない場合だと若干費用は高くなりますが人工授精になります。人工授精とは、男性から採取した精子を女性の子宮に直接入れて卵子と出会いやすくします。これは、自然妊娠と変わらないので不妊治療の中でも知られている治療方法になります。この不妊治療の場合は、他の治療方法に比べると費用は安いです。それに、自然な形で妊娠できるので体への負担もほとんどありません。

人工授精で上手くいかなければ、体外受精を行なうことになります。これは、人工授精に比べて費用は高くなりますが、妊娠する確率は高くなります。この不妊治療は、一度卵子を体外へ取り出して精子と同じところに入れて受精できるようにします。そうすれば、受精卵ができて子宮へ戻すことができます。子宮へ戻せば、着床できるように促します。着床が成功すれば、妊娠したことになりますので自然妊娠と同じようになります。ですから、普通に妊娠して子供を産むという流れになります。ただ、この場合は費用が高くなりますし、稀に成功しないことがあります。だから、この治療を行なう時は良く医師などと相談して、治療方法や費用について詳しく話したほうがいいでしょう。


Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013

Copylight all 気になる不妊治療の費用〜babybabybaby〜 reserved